なぜ情報商材アフィリエイトで稼げないか


人気ブログランキングへ

読者

ロコです。



「記事はもっと濃い内容にしてくださいね。

中身のない文章は、読者の信頼を得ることが

難しいです。」



コンサル生のYさんにこう伝えました。



誰でも書ける内容の記事は避ける

Yさんは毎日記事を更新していました。



しかし、内容が



「●●のプラグインのインストールの仕方」

「●●サーバーの契約の仕方」

「アフィリエイトとは?」

「ASPの登録の仕方」



こういった、いわば”誰でも説明できるモノ”を

記事にしていました。



私も1日1記事書くことばかりにとらわれ

中身の無い文章を書いていました。



それで、商材が1本も売れませんでした。

どうして売れないのか悩みました。

私の記事の何がいけないのか 毎日考えました。



誰でも記事にできるものって、検索すれば

いくらでも出てきます。

改めてあなたが書いても「ありがたい」と 思う人は、

多くても3%くらいです。



もちろん、コメント周りをしている人からすれば

極端に言えば記事を読まなくても、コメントが

書けます。だから、”ありがたい”かもしれません。



読者から信頼されることが大事

しかし、情報商材アフィリエイトの記事は

『誰でも書ける文章』であってはなりません。



それは、中身のない文章を書いたとしても

誰もあなたについてこないからです。



あなたは信頼されません。

読者から信頼されないということは

商材を買ってもらえないということです。



記事は、読者の感情を動かすものでなくては

なりません。

なぜなら、読者は感情を揺さぶられないと

行動しないからです。



したがって、読者の共感を得るストーリーに

しましょう。



記事はこんな風に書きます。

記事を書く流れをこちらに書いているので

参考にしてください。

コピーライティングと恋愛



中身の濃い、読者の信頼を得るような記事を

書くのは最初難しいです。



ですから、2日、3日かかってもかまいません。

あなたしか書けない記事を

書いてください。



あなたしか書けない文章とは

こういったモノです。

情報発信で読者をあなたのファンにする秘訣



読者から”有料級”の記事だと思われるような

情報発信をするように心がけましょう。

そうすれば、あなたの売り上げも

自ずとUPします。





「有料級の記事ってどういうものなのか

わかりません。」



というご質問はないですか?

ちょっとした疑問でもかまわないので

ロコにメールされてくださいね。

お問い合わせはこちら



基本的にご質問・ご相談には48時間以内に

返信いたします。



メールフォーム

質問などはメールしてね♪




ランキング

ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


16 Responses to “なぜ情報商材アフィリエイトで稼げないか”

  1. メイ より:

    ロコさんこんばんは、メイです。

    情報商材は値段が高いですから、読者との信頼はより大切になりますね。

    誰でも書ける記事ではなく、自分にしか書けない記事を書く、という姿勢がアフィリエイトでは大事ですね。

    ロコさんの記事は学べることが多いので、とても参考になります。

    私も、読者との共感を得られるように、有料級の記事を発信していきたいと思います。

    応援完了しました。

     

     

    • ロコ より:

      メイさん

      こんにちは。

      情報商材の記事は、他のブログと差別化した記事が

      必要ですよね。

      読者に一目置かれるようになるには

      独自性を出さないといけません。

       

      >ロコさんの記事は学べることが多いので、

      >とても参考になります。

      ありがとうございます。

      モチベーションがアップしました(^-^)

      応援もありがとうございます。

       

  2. Toshikinuyo より:

    ロコ様 こんにちわ

    ブログへの訪問ありがとうございしまた。

    情報商材は優良なものばかりではないので

    信頼関係は特に重要になりますね。

    無料オファーなどの中には詐欺的な商材も多いですから

    商材のレビューするだけで商売になる世界です。

    その分他のブログより差別化はしやすいのかもしれません。

    怪しげな風評の中、優良な情報商材は際立ちますから

    調査に基づいた記事でも、体験談でも信頼は得やすくなると思います。

    決め手は記事を書く時、どれくらい読み手の立場を考えていくかだと思います。

    相手を思いやってこその差別化だと思います。

    まとまりがなくなってしまいすみませんでした。

    今後とも宜しくお願いします。

    Toshikinuyo

     

    • ロコ より:

      Toshikinuyoさん

      こんにちは。

      実は私、詐欺商材などにあたったことが

      ないんですよね。

      購入する時にかなり調べたり、信頼する

      アフィリエイターさんに聞くということを

      しているからかもしれません。

       

      おっしゃるように、どのくらい読者の立場を

      考えるかによって、信頼度は違ってきますよね。

       

      >相手を思いやってこその差別化だと思います。

      まさにそのとおりですよね。

      勉強になりました。ありがとうございます。

      今後ともよろしくお願いいたします。

  3. はまぞふ より:

    ロコさん、こんにちは。

    はまぞふです。

     

    > なぜなら、読者は感情を揺さぶられないと

    > 行動しないからです。

    なるほど。

    確かに、僕が最初に教材を買った時も、

    感情を揺さぶられました^^

     

    自分しか書けない記事。

    有料級の記事。

    そのあたりを考えて、これから記事を書いていこうと思いました^^

     

    とてもためになる記事、ありがとうございます^^

    応援完了です^^

     

    • ロコ より:

      はまぞふさん

      こんにちは。

      感情を揺さぶられないと、読者は

      アフィリリンクも踏まないですし、

      ましてや商品購入までしませんものね(^-^)

      他のブログと差別化した記事を書くのは

      難しいかもしれませんが、私も徐々に

      身につけていきたいと思っています。

      応援ありがとうございました。

  4. もんふじ より:

    ロコさん

    はじめまして、もんふじと申します。
    「誰でも書けるような文章」…。
    「うっ…。」と、
    今まさに僕自身そうなっているんじゃないかと非常に不安になる時があります。

    差別化って実店舗ビジネスなどでもそうですが、
    商売をする者にとって永遠の課題ですよね。

    アフィリエイトにおいて言えば、
    「読者目線」、「体験談を入れる」、「他よりも深い考察」
    といったところが鍵を握っているように思えます。

    ロコさんの記事はいつも参考にさせていただいています。
    今後ともよろしくお願い致します。

    応援していきます!

    • ロコ より:

      もんふじさん

      はじめまして。

      ちょっと、厳しい書き方をしてしまったかも
      しれません(・_・;)

      差別化と一口に言っても難しいですよね。

      「読者目線」というのも大切ですよね。

      読み手の気持ちを無視した文章なら

      誰も記事を読まないわけですから。。

       

      >ロコさんの記事はいつも参考にさせていただいています。

      どうもありがとうございます。

      励みになりますm(__)m

      こちらこそよろしくお願い致します。

  5. MON より:

    ロコさん、こんばんは~MONです。

    順序を踏んでいく、読者さんには目から鱗の

    情報は印象残りますね。

    いつも、いろんな情報ありがとうございます。

    • ロコ より:

      MONさん

      こんにちは。

      どうもありがとうございます。

      そう言っていただくと励みに

      なります。

      こちらこそコメントありがとうございました。

  6. まゆりん より:

    ロコさん

    はじめまして!

    ロコさんが他の方の

    コメントしていた先から

    訪問させてもらいました。

    読者に対しての共感が必要なんですね

    私はそれが向けていたような気がします。

    これから、それを気にして

    ブログを書いていこうと思います。

    気づかせてありがとうございます。

    フレーフレーと応援完了!

     

    • ロコ より:

      まゆりんさん

      こんにちは。

      はじめまして。

      私は「共感」がとても苦手で

      よくコンサルの先生に注意されて

      いました。

      共感が濃くなったら、読者の反応も

      良くなりますよ。

      こちらこそコメントありがとうございました(^-^)

  7. きりと より:

    ロコさん

    こんにちは、きりとです。

    コメントに来ていただきありがとうございます。

    昔は、どこにでもある記事内容が
    稼げるんだと思い込んでました。

    なので「○○の方法」って
    よくネタにしていたことがあるんです。

    でも、誰も真似できない文章って
    最初は「どういう文章なのかな?」と
    ものすごく考えたことがあります。

    >改めてあなたが書いても「ありがたい」と 思う人は、
    多くても3%くらいです。

    ロコさんのこの文章は心に刺さりました。

    誰でも書ける記事内容で感謝されるのは
    3%くらいなんですね。

    記事内容を更に見つめなおし
    検証をしていこうと思います。

    参考になる記事をありがとうございました。

    応援していきますね。

    • ロコ より:

      きりとさん

      こんにちは。

      ちょっと今回の記事は厳しく書きすぎたと

      とても反省しているところです(・_・;)

       

      私は、他のブログと差別化した記事を

      書かないと、商品は売れないと考えています。

      他の人と同じ記事を書いても、読者の心は

      揺さぶられないし、商品を購入しないのでは

      ないでしょうか?

       

      コメントと応援ありがとうございました(^-^)

  8. 夢理 より:

    ロコさん、こんにちは。夢理と申します。

    ランキングから来ました。

     

    誰にでも書ける内容の記事…

    私もぎくっとしました。そういう記事を書いてしまう時もあります(^_^;)

    共感を得られる記事を書きたいですね。

    参考になりました。また訪問させていただきます(^^)

     

    • ロコ より:

      夢理さん

      はじめまして。

      私は自戒の念も込めて書いたんです。

      でも厳しく書きすぎました(・_・;)

      私も読者の方に共感されるような記事を

      書きたいです。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ