検索結果で上位表示するコツを伝授


人気ブログランキングへ

ID 10065457

 
 
こんにちは。
ロコです。
 
ロコ「タイトルをつける時は慎重にしてくださいね。」
 
Nさん「私はぱっと思い浮かんだものに決めてました。」
 
ロコ「無料ブログの場合、タイトルで上位表示できるか
   どうかが決まると言ってもいいほどです。
   記事タイトルは慎重に決めてください。」
 
コンサル生のNさんと私との会話です。
 
私も最初、記事のタイトルはすぐに
頭に浮かんだものを入力していました。
 
 

虫眼鏡キーワードをタイトルに盛り込む

 
あなたに気をつけてほしいことは、
虫眼鏡キーワードをタイトルに盛り込むことです。
 
*「虫眼鏡キーワード」の説明は
 こちらにあります。
 
 
 
 
私ははじめ、次のようなタイトルを
つけていました。
 
「後藤真希 目頭 修正」
 
こういう風に虫眼鏡キーワードをそのまま
タイトルにしていました。
 
スペースを空けると不自然なタイトルなので
ペナルティを受けることがあります。
グーグルは自然な表現を好むからです
 
 
こういった場合は、自然な表現にして
読者の興味をひくようなキーワードを
盛り込むのがいいでしょう。
 
「後藤真希が目頭を修正って何?」
 
こうすると意味がつながるものに
なってペナルティを受けることが
なくなります。
 
 

その他、タイトルのつけ方の注意点

 
 
「木村拓哉の子供が通うインターナショナル
 スクールはどこ?娘の心美と光希は何歳?」
 
など、文字数が32文字以上あるものも
Googleに順位を落とされる可能性があります。
 
 
 
そして、メインキーワードを一番左にしましょう。
左にいくほど重要なキーワードにします。
 
検索エンジンは左側にあるワードほど
重要視するからです。
 
例)「錦織圭の彼女がダウン症って本当?」
 
 
タイトルを区切る時はスペースや「、」「。」「・」を
使わないでおきましょう。
「?」や「!」を使います。
 
理由は、Googleが句読点を認識せず
検索するからです。
 
例)「柴咲コウが結婚?旦那は誰?」
 
 
他には、
 
・本名とニックネーム
 (中田英寿とヒデ、松本潤と松潤)
・英語とカタカナの表記
 (iPhoneとアイフォーン、PCとパソコン)
・同じ意味だが別の表現
 (旦那と夫、おめでたと妊娠、結婚と入籍)
 
など、どんな単語をユーザーが検索するのか考えて
タイトルをつけましょう。
 
 

まとめ

 
タイトルは記事を投稿してインデックスされた後
修正しても、順位が下がると言われています。
 
ですので、タイトルはストイックに
慎重に決定することをおすすめします。
 
 
以上のことをまとめると、上位表示させるための
タイトルのつけ方は以下の6点になります。
 
 
  • タイトルをつける時は時間をかけて慎重に決めましょう。
  • 自然な表現にして、読者の興味をひくようなキーワードにしましょう。
  • 32文字以内でGoogleでユーザーが検索するようなキーワードにしましょう。
  • メインキーワードを一番左にし、左にいくほど重要なキーワードにしましょう。
  • タイトルを区切る時はスペース、「、」「。」「・」は使わず、「!」「?」を使いましょう。
  • 表現の仕方に注意しましょう。
 
 
あなたの今夜の実践に役立ててくださいね。
 
 
 
「ブログ読みました!
 今までタイトルをすぐに決めてました。」
 
といったような感じたことでもOKです。
 
些細なことでもいいのでロコにメール
されてくださいね。
 
 
ご質問、ご相談なども48時間以内に返信を
差し上げます。


メールフォーム

質問などはメールしてね♪




ランキング

ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


2 Responses to “検索結果で上位表示するコツを伝授”

  1. にょき より:

    ロコ さん、

    はじめまして、にょきと申します。
    |ω・`)

    記事を読ませていただきました。

    非常に共感する部分が多く、
    勝手ながらコメントさせていただきます。

     

    現在はGoogleも進化して、
    不自然な形のものは低く評価する傾向にあります。

    しかしながら、そもそもの話としてロコさんの言うとおり、
    読者の目を惹くタイトルでなくてはいけませんよね。

    検索エンジンに上位で表示されたとしても、
    キーワードの羅列であればユーザーはクリックしないですもんね。

    そういったサイトはずるずる下降していく傾向にありますので、
    やはりユーザー目線で考えられたサイトが最後は勝つ、
    といったところでしょうね。

    Twitterではないですが、
    いかに32文字以内で相手の興味が惹けるか鍵になりそうです。

    そんなことをこの記事から考えさせていただきました。
    きかっけを与えてくださりありがとうございます。

    ご迷惑でなければまた足を運ばせていただきます。
    それでは失礼いたします。
    ( ̄ω ̄*))~
     

    • ロコ より:

      にょきさん

      はじめまして。
      記事に共感していただいたとのこと、
      とても嬉しいです。

      キーワードを意識するのはもちろん
      大切ですが、読者目線のタイトルを
      書かないと記事を読んではもらえませんよね。

      コメントありがとうございます。
      私もとても参考になりました。

      またいらしてくださいね♪

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ