アフィリエイトで記事作成をするコツとは?


人気ブログランキングへ

こちらを見ている自分のおもちゃ

こんにちは。

ロコです。



「ロコさん、この記事には共感がないです!」

「タイトルにインパクトがありません。」

「ここはもっと簡潔に書けるはずです。」



ライティングコンサルの先生にロコが

毎回のように注意されていることです。



私はライティングコンサルを受けるまでは

正直言って自分の文章に自信がありました。

メールでも何度も何度も読みなおして

送信しているほどです。



コピーライティングの教材を何度も

復習しているし、「コピーは完璧」と

思っていました。



ライティングコンサルの先生の記事を

初めて読んだ時、それが覆されました。

そして、先生にコピーを教わることに

なりました。



やはり、自分の文章を客観的に見てもらうことは

とても大切なことだと痛感しました。



私はコピーの基礎がまるでできてなかったのです。



コピーライティングのコンサルを受けて

1年になります。



いつも冒頭に書いた先生の言葉を頭に入れて

コピーを書いています。



それでも、まだ自分の記事を客観的に

見ることができず、先生に注意されます。



「ロコさん、私にはコピーライティングの先生が

 いません。どうすればいいのでしょうか?」



というご質問があると思います。

そういう方はこちらの方法をおすすめします。



先生に教わったコピーを客観的に見る

トレーニングは 次の3つです。



1.自分のミスを日記に書くことで気持ちの

 客観化を行うことです。

 ミスを振り返り、次のコピーに活かしていきます。



2.あなたを天井から見ている

 『もう一人の自分』を意識します。

 人に熱く語っている時もそれを天井から

 冷静に見ている自分をイメージします。



3.思考を文章や図にして見えるようにします。



あなたもコピーを書く時参考にしてくださいね。



「コピーがもっとうまくなりたいです。

 ロコさん、添削してください。」



という方はロコにメールされてくださいね。

ロコにメール



「3番ですが、マインドマップにするのも

 いいんですか?」



といったようなご質問はありませんか。

下のメールフォームからご質問くださいね。

ロコへのお問い合わせはこちら



基本的にご質問・ご相談には48時間以内に

返信いたします。



メールフォーム

質問などはメールしてね♪




ランキング

ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


14 Responses to “アフィリエイトで記事作成をするコツとは?”

  1. 自分のミスを日記に記すこと・・・

    目からウロコでした。

    自分のミスはそのとき反省してもすぐ切り替えて忘れたくなるものですから。

    客観視することが大事ですね。

    やってみます!

    • ロコ より:

      mocaさん

      こんにちは!

      私も自分のミスを書くことなんて

      考えたことがなかったので

      先生に言われた時、「なるほど」と

      思いました。

       

      どんなときも『冷静な目』で見ることは

      大事ですよね。

      コメントありがとうございましたm(__)m

  2. タクヤ より:

    ロコさん、こんにちは!

    タクヤです。

     

    僕もライティングは教材で何度か復習していますが、

    「先生」に見てもらったらきっと色々指摘されてしまうと思います(^_^;)

    ライティングって奥が深いですよね。

     

    「客観的に見る」というのがライティングでも重要なんですね。

    僕の場合は文章を書いた当日に公開せず、

    次の日冷静な目で見直してから公開するようにしています。

     

    ランキング応援していきますね!

    • ロコ より:

      タクヤさん

      こんにちは!

      ライティング教材って読んだだけで

      わかっているつもりになっていることが

      多いような気がします。

      私は先生にいろいろ指摘されて痛感しました(汗)

       

      おっしゃるようにライティングって奥が深いです。

       

      記事を書いたら、時間を置くことが

      重要ですよね。私もそう思います。

       

      応援ありがとうございます。

  3. さゆこ より:

    ロコさん こんばんは!

    さゆこです

    自分の文章を客観的にみるって難しいなと思ってます。

    いちお、翌日に見直したり紙に印刷してみたりして

    おかしくないかチェックはしますが

    どうしても自分の目でしか見られませんしね。

     

    先生がいるって心強いですね^^

    応援していきますね。

     

    • ロコ より:

      さゆこさん

      こんにちは。

      記事を紙に印刷されてるんですね!

      すごいです。

      客観的に記事を見るのって大事ですよね。

       

      応援ありがとうございます。

  4. こんにちは。主婦のフーさんです。

    私もライティングは勉強したいと思っていますが、まず「本を買って」

    と思いつつ、まだ買っていない(´・ω・`)くらいの状態です(;^_^A

    インターネットでビジネスをしたり、情報発信するうえで、ライティング

    スキルは本当に必要だと思います。

    今回の記事で考えさせられました。良い機会を与えていただきありがとう

    ございました^^

    • ロコ より:

      主婦のフーさん

      こんにちは。

      コピーライティングは本で勉強するより

      客観的に見てもらうのが一番上達

      しますよ。

      私も先生に見てもらってわかりました!

      コメントありがとうございます。

  5. あいあい より:

    ロコさん

     

    こんにちは。

    初めての訪問になります。

    この間は、私のところにも訪問&コメント

    ありがとうございます♪

     

    自分で書いている文章だと、

    何がいけないのか、気付くことは難しいですね!

    客観的に見るトレーニング、すごく

    参考になります。

    何事においても客観的に物事をとらえるのは

    大事な気がしますので、

    意識していけたらなって思ってます。

     

    ありがとうございます<(_ _)>

    応援ポチしてます☆

     

     

     

    • ロコ より:

      あいあいさん

      こんにちは。

      私は先生に、家族や友達に記事を

      読んでもらうよう言われました。

      周りは時間がない人ばかりなので

      それはしてもらってないですが

      客観的に物事を捉えるのは大事ですよね。

       

      コメントと応援ありがとうございます。

  6. はるにれ より:

    ロコさん、こんにちは。

    はるにれです。

    「もう一人の自分」は、私も意識して書くようにしています。

    実際にそうすることで、書きやすくなった気がします。

    また、遊びに来ますね~

    • ロコ より:

      はるにれさん

      こんにちは。

      「もう一人の自分」は記事を書く時だけでなく

      いろいろな場面において、大切ですよね。

      私はつい忘れがちなので、もう一人の自分を

      意識するように心がけています。

      コメントありがとうございます。

  7. パソッキー より:

    ロコさん

    パソッキーです、おはようございます^^

    先生に教わったコピーを客観的に見る
    3つのトレーニングは参考になりました。

    確かに3番は気になりますね。

    私も記事更新後に読み直すのですが、
    後から文章が変と思って書き直しします。

    アメブロの場合、記事は修正できるのですが、
    コメントは修正ができないので
    削除してから書き直しています。

    それで、ロコさんから頂いた大事なコメントを
    誤って、削除してしまいました(泣)

    この場を借りてお詫びします。

    どうか気を悪くなさらないでください。
    今後ともよろしくお願いします。
     

    • ロコ より:

      パソッキーさん

      こんにちは!

      やはり、記事を投稿する前は

      冷静になって読み直すのがいいですよね。

       

      私の場合、記事は数ヶ月前から

      書いていることがあるので、投稿する前に

      よくボツになることがあります(笑)

       

      コメントの件承知しました。

      お気になさらないでくださいね。

      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ