勘違いされやすいコピーライティングの基本


人気ブログランキングへ

Frustrated 961707 640

ロコです。



「記事の長さが短すぎます。  

もっと長くしてください。」



ライティングコンサルの先生に

ロコがしょっちゅう言われている

言葉です。



コピーライティングに対する勘違い

私は最初どうして記事が短いことが

いけないのかわかりませんでした。



私自身、あまり長文が好きでないので

メルマガも短文なものなら読むのですが

長文のものは読みません。



だから、

『記事は短ければ短いほどいいのだ』

と思い込んでいました。



自分で勉強した結果

それから、コンサルの先生の言葉を

気にかけながらいろいろな人の

メルマガやブログ記事を読みました。



そしてわかりました。



短文の記事に共通するのが、

説得力がない」 ということです。



ネットビジネスの基本は「コンテンツ」に

あります。「コンテンツ」とは内容や

中身のことです。



あなたがネットビジネスにおいて

価値ある情報を発信することで

結果を出させるのが一番信頼に

繋がります。



アフィリエイターは読者に密度の濃い

情報を与えることが必要です。

なぜなら、あなたは読者の”先生”

あるからです。



”先生”であるからには、価値ある情報を

わかりやすく読者に伝えなければ なりません。



”先生”であるあなたは読者に濃い情報を

与え、あなたの言葉でもって

”行動”させねばなりません。



なぜ読者を行動させるのかというと

自ら行動したものを欲しくなるという

性質が人間にあるからです。



”行動”とは、

  • リンクを踏んである情報を見てもらう行動
  • アフィリリンクを踏んで、ある商品を買ってもらう行動

などです。



コピーライティングは恋愛と同じ

読者にある事柄を伝えるためには

文章がどうしても長くなるのです。



それは、好きな相手に何かを

伝える時は一生懸命愛情を持って

伝えるはずです。

⇒ コピーライティングと恋愛



コピーライティングも恋愛と同じです。

あなたもご自身の記事を

もう一度見直してみてください。



もし、書き方がわからなくて

困っているなら些細なことでも

いいのでロコに連絡してくださいね。

⇒ お問い合わせはこちら



ご質問やご相談のメールには48時間以内に

お返事いたします。



メールフォーム

質問などはメールしてね♪




ランキング

ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


20 Responses to “勘違いされやすいコピーライティングの基本”

  1. miya より:

    「短文記事に説得力はない」

    長いと読んでもらえないかと思っていましたが、

    短いと効果がなくなるわけですね。

     

    「コピーライティングは恋愛と同じ」

    この表現、面白いですね。

    恋愛モードでライティングしてみます。

     

     

    • ロコ より:

      miyaさん

      こんにちは。

      人それぞれだと思いますが

      あまりに短文すぎると、やはり説得力もだし

      読み応えもないのではないでしょうか?

      恋愛くらい相手のことを真剣に考慮しながら

      コピーを書くといい記事が書けると

      思いますよ(*^^*)

  2. まさひさ より:

    ロコさん、こんばんわ^^

    まさひさです。

     

    私も、もともと長文を読むと疲れちゃうので

    短文でいかに効率よく伝えるか?

    ということを思っていました^^;

     

    しかしロコさんのおっしゃるとおり

    ある程度の読み応えが説得力を与え

    読者さんに行動を促せるのかなと思います。

     

    恋愛と同じという表現が妙にささりました(*´艸`*)
    たしかにそのぐらい真剣に相手を思って
    記事を書いていけば伝わりますよね。

    非常に参考になりました!

    応援して帰ります^^

     

    まさひさ
     

    • ロコ より:

      まさひさん

      こんにちは。

      あまりに長文だと疲れますよね。

      ただ、自分の言いたいことを相手に

      わかってもらうようにするには、

      やはり説明することが必要です。

      説明を加えていくと、必然的に長文に

      なります。

      それで私のライティングコンサルの先生は

      短文だと注意されたのではないかと思います。

       

      コピーは恋愛と同じくらい相手を思って書けば、

      相手に記事の意図が伝わるかなと思います(*^^*)

      応援ありがとうございます。

  3. ロコさん初めまして!

    鉄平と申します!

    私はどうしても、文章を短めにしてしまうのですが、

    ロコさんと同じく「長文だと最後迄読まれないのではないか」という

    不安があったからです。

     

    しかし今回の記事を読ませて頂き、なるほど、

    確かに恋文は自然に長くなるし、どうしても伝えたい思いは長くなる!

     

    長く書いて丁寧に説明してもいいんだ!

     

    という気になれました!

    このコメントも私にしては珍しく長めです(笑)

    気付きをありがとうございました!

     

    応援完了!

    これからも置手紙経由で毎日応援させて頂きます^^

    • ロコ より:

      鉄平さん

      はじめまして。

      恋文だと、相手により深く理解してもらうには

      自然と文章も長くなりますよね。

      私も最近ようやくコンサルの先生に言われたことが

      わかるようになってきた気がします。

      応援ありがとうございます。

      こちらも置き手紙で応援させていただきますね(*^^*)

  4. あとむ より:

    ロコさん、こんにちは!

    あとむです。
     

    「短文では説得力がない」
    確かに、同感しますが、、、長すぎてもかえって読んでくれませんので
    程よい長さの文章を書くようにしています。
     

    コピーは、恋愛の感覚で書くのがいいんですね。

    これから記事を書くときの参考にさして頂きます。

    今回もいい勉強になりました^^/

     

    応援完了

    • ロコ より:

      あとむさん

      こんにちは。

      いつもありがとうございます♪

      まあ、長すぎても最後まで読んでくれる確率って

      低くなりますよね。

      長すぎても読んでくれないし、短すぎても

      説得力がないし。。

      コピーって難しいですよね。

      応援ありがとうございます(^-^)

  5. スプーン より:

    こんにちは。

    『コピーライティングは恋愛と同じ』は衝撃的でした。

    たしかに、まず、気に入ってもらう事が大事ですもんね。

     

    • ロコ より:

      スプーンさん

      こんにちは。

      恋愛のように真剣に相手の気持ちを

      思いながらコピーを書いていくことって

      大事だと思います。

      私の課題でもあります♪

  6. 森純平 より:

    ロコさん

    こんばんは!森です。

    短文の記事を読んでいると、中途半端で終わっていることが多いと思います。

    そして、完結してないので「何を伝えたいのか分からない」という状況になっていることが多く感じます。

    ロコさんの仰るとおり「読者にある事柄を伝えるためには文章がどうしても長くなる」というのは間違いないですね。

    長い文章は書く側も面倒かもしれませが、自分が伝えたいことをしっかり伝える為には必要だと思います。

    応援していきます!

    • ロコ より:

      森さん

      こんにちは。

      私はこの記事を書いてもやはり短文に

      書いてしまう傾向にあります。

      でも、おっしゃるように、短文の記事って

      中途半端で終わっていることが多いですよね。

      大切な相手に思いを伝えようとすると、やはり

      自然と文章が長くなる気がします。

      森さんのコメントから、私も気をつけようと

      思いました。

      コメントありがとうございました(^-^)

  7. ゆかり より:

    ロコさん こんばんは 
    ゆかりです。

    恋愛と同じくらい相手を思って書くと、
    短文では終わりませんね(^.^)
    分かって欲しいから相手のことを考えて、
    あの手この手で色々書きたくなります。

    今度記事を書くときは、
    大切な1人を想像して書いてみようと
    思いました。

    応援して帰ります。
    また訪問させてください(^^)/

    • ロコ より:

      ゆかりさん

      こんにちは!

      たった一人の大切な相手に思いを

      伝えるかのごとく記事を書けば、わかって欲しいと

      いう思いも手伝って、自ずと記事が長くなりますよね。

      難しいですが、私も意識して記事を書いて

      いこうと思います。

      応援ありがとうございます(*^^*)

  8. ともいち より:

    はじめまして、ロコさん^^

    ランキングより訪問させていただきました。

     

    自分もはじめは短い文章のほうがいいと感じていました。

    長文って読むのに疲れますし、みんな読まないだろうと・・・。

     

    ですが、書いているうちに少しづつ、長文になってました。

     

    相手のことを考えて伝わる文章を書くと、

    どうしても長文になりますね^^

     

    一番書きやすかったのは過去の自分を

    意識して書いていました^^

     

    この記事に賛同させていただきます。

     

    また、訪問させていただきますね^^

    応援完了です(^^ゞ

     

     

    • ロコ より:

      ともいちさん

      はじめまして。

      相手のことを考えて、書こうと思うと

      やはり、思いを伝えようとするので

      長文になりますよね。

      過去の自分を意識して書くということは

      ターゲティングのことでしょうか?

      私も昔の自分を念頭に置いて書く時が

      あります。

      それが書きやすいですよね(*^^*)

      応援ありがとうございます!

  9. ロコさん、こんにちは。

    Yuと申します。

    文章の長さよりも、その文章で誰かの役に立てるか?という事の方が重要なんですよね。

    そういう意味では、役に立つのなら長くなっても特に問題ないと思いますね。

    トレンドサイトなら、文字数が多いだけでSEOにもつながりますから。

     

    いずれにしても、記事が役に立つものか?これだけだと思います。

    応援して帰ります。

    • ロコ より:

      Yuさん

      こんにちは。

      確かに文章の長い、短いは問題ではないです。

      ただ、どうしても相手に理解してもらいたい、

      伝えたいという思いがあるなら、恋文みたいに

      必然的に長くはなると思います。

      短い文章を否定しているわけではありません。

      しかし、相対的に見て、「え?これだけ?」という

      文章って結構多いと思うんです。

      私が読んでいるメルマガにもあります。

      役に立つ文章ってやはりある程度文字数を書かないと

      説得力がないと思うのですよね。。

      応援ありがとうございます!

  10. ナミ より:

    ロコさんこんばんは!

    僕も長い文章はあまりすきではありませんでした。

    しかし相手のことを考えて文章を書けば

    必然と長くなっていきますよね^^;

     

    本当にラブレターと同じですね^^;

     

    ただ一言「あなたが好きです!」

    だけでは物足りないし伝え足りないですしね(笑)

     

    自分の記事に説得力を持たせるような文章

    意識して書いていきたいとおもいます!

     

    初心にかえることのできる

    素晴らしい記事ありがとうございます!

     

    応援完了ですよ^^

     

     

    • ロコ より:

      ナミさん

      こんにちは。

      たった一人の大切な相手のことを

      思って、手紙を書こうとすれば

      自分の思いが伝えられるように

      一生懸命書くと思うんです。

      それは、「あなたが好きです」だけでは

      終わらないはずですよね(*^^*)

      と、言いながら、私もそれは勉強中です(笑)

      こちらこそ、コメントと応援ありがとう

      ございました。

       

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ