共感を呼ぶ文章の書き方 コピーライティングのテクニック


人気ブログランキングへ

失敗した子供

こんにちは。

ロコです。



「記事に失敗談を書こうと思うのだけど

 どこまで書いていいですかね?

 あんまりひどい失敗だと恥ずかしいです。」



NさんにSkypeで相談されました。



私も失敗談をそのまま記事にするのは

恥ずかしいので、3年半前は少し脚色

していた時期がありました。



しかし、クリック率も悪いし、お問い合わせ

メールも1通ももらえませんでした。

なぜ読者からの反応が悪いのか自分なりに

考えてみました。



読者は、自分と私が同じレベルで

「そうそう!私もそんな失敗よくするわ!」

と思うような時に共感するのです。



でっちあげたような失敗談なんて

読者は見抜くし、共感すらしないのです。

だから反応もないのです。



私も大きな声で言いたくないですが

人の失敗談には耳をそばててて聞いて

しまうところがあります。



それに気づいてから私は記事で失敗談を

赤裸々に語るようになりました。



たとえば、




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は、初心者の頃、応援周りを一切

していませんでした。



「みんなどうしてあんなにくだらないことを

 しているんだろう?」



と思っていたくらいです。



でも、ある日ある記事に

こう書いてありました。



「応援周りによってランキング上位になると

 ブランディングできます。」



その日から私は応援周りをするように

なりました。



今では購入者様もランキングからの方が 多くて、



「どうしてもっと早くから応援周りを

 しなかったのだろう?」



と悔やんでいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




本当に恥ずかしいですが上のように赤裸々に

失敗談を書くようにしています。



そうすれば、読者も同じような失敗をして

私のように悔しい思いをしなくて済みます。



読者に信頼してもらうには、失敗談も

素直に書くことです。



それが読者の共感を強くするコツです。

具体的な記事の書き方はこちらを

参考にしてください。

⇒ 失敗談をキャッシュにする方法



ロコのサイトには、「コピーライティング 共感」で

検索してくる人が結構います。



どれだけ共感の部分を書くかによって、

読者のあなたへの信頼度が変わってくるので

共感を念頭において記事を書いてください。





「失敗談ってこんなことを書いてもいいのかな?」

という迷いなどありましたらロコに

メールされてください。

疑問に思ったことはロコへメッセージをどうぞ



基本的にご質問・ご相談には48時間以内に

返信いたします。



メールフォーム

質問などはメールしてね♪




ランキング

ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


14 Responses to “共感を呼ぶ文章の書き方 コピーライティングのテクニック”

  1. 桜井まこと より:

    ごぶさたです!

    ライティング、以前とは比べ物に

    ならないくらい上達されてますね~

     

    上からの物言いに聞こえるかも知れませんが

    皆さんのコメントを拝見すれば、よくわかります。_〆('∀'o)

    • ロコ より:

      桜井さん

      ご無沙汰しております。

      お元気でしょうか?

       

      >ライティング、以前とは比べ物に

      >ならないくらい上達されてますね~

       

      ありがとうございます。

      桜井さんにそう言っていただけるなんて

      思ってもいませんでした。

       

      桜井さんに指導していただいた

      おかげです。

      現在は写経を頑張っていますm(__)m

       

      コメントありがとうございました。

      やる気がでました(^-^)

  2. 美鈴 より:

    ロコさん、こんにちは!

     

    自分の失敗ってあんまり人に言いたくないですけど、

    ロコさんの記事を読んで、

     

    「失敗談から初心者への共感が生まれ、

     共感から信頼が生まれるんだ。

     失敗も堂々と記事にしていいんだ!」

     

    と素直に思えました。

    私は「失敗のネタ」ならたーくさんあるので、

    これからドンドン記事にしていき、

    たくさんの「共感」を得られるようにしていきたいです♪

     

    ステキな気づきをありがとうございます。

    応援していきますね!

    • ロコ より:

      美鈴さん

      こんにちは!

      失敗談を話すのはかなり恥ずかしいですよね。

      でも、私達って、記事を初心者に向けて

      書いているので、失敗談は初心者には

      役立つものだと思います。

       

      私も失敗のネタはいっぱいありますよ(笑)

      いい記事を書きたいですよね♪

       

      応援ありがとうございます。

  3. ヒロアキ より:

    こんばんは、ヒロアキです。

    さきほどはコメントありがとうございました。

     

    失敗談ですか。

     

    僕は妄想癖がちょっとあるので、失敗談を書こうと

    するとどうしても脚色に走りがちです(笑

     

    素直に書いた方がいいってことですね。

    では、応援して帰ります。

    • ロコ より:

      ヒロアキさん

      こんにちは!

      妄想癖ですか。

      私は初心者の頃よく脚色して記事を

      書いていたのですが、同じ話をしてしまう時に、

      以前脚色したものと違う内容になってしまって

      嘘がバレることになってしまったのです。

       

      だから、脚色はしないようにしています。

      それに、読者も脚色したら見抜くものだと

      思っています。

       

      コメントと応援ありがとうございます(^-^)

  4. 小夏 より:

    ロコさん、

    こんにちはー小夏です。

     

    「コピーライティング 共感」ですか。

    わたしも多くの失敗をしているはずなのですが、

    なにを書いて良いのか?

    全て経験として良い風にとらえ過ぎて

    何が失敗なのか?

    皆、通る道だよね?

    と、感じてしまいます。

    今度、自分で自分を観察してみます。

    いつも貴重な記事を

    ありがとうございます。

    応援OKです。

    では、また!

    • ロコ より:

      小夏さん

      こんにちは!

      小夏さんはとても前向きな方

      なのでしょうか?

      それとも、失敗は全くしないのでしょうか?

       

      私は恥ずかしい失敗がたくさんあります。

      そういう失敗を初心者の方に暴露すれば

      初心者の方も参考になるかなと

      思っています。

       

      小夏さんは、知識が豊富なので

      失敗には無縁なのかもしれないですね(^-^)

       

      応援ありがとうございます。

      小夏さんのブログにもお邪魔しますね。

       

  5. パソッキー より:

    ロコさん

    パソッキーです、おはようございます^^

    >読者は、自分と私が同じレベルで
    >「そうそう!私もそんな失敗よくするわ!」
    >と思うような時に共感するのです。

    私もレビュー記事の中には
    過去の失敗談を書くようにしていますが、
    自分と同じレベルということまでは
    意識していませんでした。

    それから共感という意味では
    メルマガとか読んだときに
    他の人の文章がうまいと感じることがあります。

    私もそのような文章が書けるように
    頑張りたいと感じています。

    とても参考になりました。
    今後ともよろしくお願いします。
     

    • ロコ より:

      パソッキーさん

      こんにちは!

      パソッキーさんも失敗談など

      記事にされてますよね。

       

      失敗談を書くとやはり、自分のことのように

      読者の方が感じてくれる、つまり

      共感してくれると思います。

      私も他の人の失敗談に共感して

      ファンになることが多々あります。

       

      私も写経などして、コピーのスキルを

      あげたいです。

      コメントありがとうございました。

       

  6. ロコさんこんにちは。

    失敗談を赤裸々に語ること、確かに少し抵抗がありますが、

    読んだ方の参考には必ずなるし、共感も得られますもんね!

    失敗したことはすぐ忘れがちなんで(-_-;)

    改めなきゃと思わされました。

    ありがとうございます。

    • ロコ より:

      mocaさん

      こんにちは!

      失敗談を書くことは、勇気が

      いりますよね。

      でも、初心者さん向けに情報を

      発信しているので、私達の失敗談を

      記事にすると、おっしゃるように

      読者の参考になると思います。

       

      コメントありがとうございます(^-^)

  7. 咲月ミオ より:

    ロコさん、こんにちわ。

    咲月ミオです。

     

    失敗を誰かに話するのは勇気いりますよね。

    人ってどこか失敗する自分を見たくないというか、

    がっかりしたくないって言うか・・・

     

    さすがにスーパーマンやスーパーウーマンにはなれないにしろ、

    ちゃんとできる自分っていうのを期待するというか。

    自分の失敗を表に出すというのはその逆をいくということ。

     

    でもだからこそそれがリアルに聞こえますし、

    何より●●さんもそんな経験したんだ~!!という感じで

    共感を得るきっかけになるんじゃないかなと思います。

     

    特に成功してるすごいアフィリエイターさんはちょっと敷居が高いって言うか、

    すごい人だからって気構えが出来がちなんですけど。

    実は昨日二番目にコメント書こうと思ったら呼ばれて

    今日になってしまったんですけど。

     

    一番最初のコメントにお返事書かれてるロコさんを見て、

    ロコさんだって当たり前だけど初心者だった頃があって

    悪戦苦闘してた時期もあるんだよね・・・って

    親近感を勝手に抱きました(笑)

     

    今回の記事とはちょっと意味が違ってしまいますが(;´∀`)

    元が自分とは違うから・・・と卑下するのは簡単ですけど、

    それをリアルに失敗談や初心者時代の話を聞くことで

    自分も頑張れば少しずつ進めるのかも?

     

    そんな勇気を頂きました(´∀`)

    いつもありがとうございます♪

    • ロコ より:

      咲月ミオさん

      こんにちは!

      失敗を話すのはおっしゃるように勇気が

      いりますよね。

       

      でも、あえて話すことで、共感も生まれるし

      そこから信頼も生まれると思います。

       

      成功しているアフィリエイターさんの

      失敗話って聞いてみたいですよね。

      何億稼いでいるとか、どういう車に乗っているとか

      そういう話ではなく、もっと底辺アフィリエイター

      だった時代の話を聞きたいです。

       

      その方が親しみが湧きますよね。

      そして、勇気ももらえます。

       

      そうですよ、私も初心者の時代がありました。

      失敗だらけでよく寝込んでました(苦笑)

      今でもよく失敗しますが(・_・;)

       

      心のこもったコメントありがとうございます(*^^*)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ