コピーライティングのテクニックの1つを暴露


人気ブログランキングへ

顔

こんにちは。

ロコです。



ロコ「何かがこの記事には足りないんです・・

   あっ、共感が足りない気がします!」



先生「良い着眼点だと思います。ロコさんの

   記事に活かしてください。」



共感について悩む日々

「綺麗な文章だと思うけど、何かピンと来ない

 でもそれが何だかわからない・・」



と毎日ある人の記事を読んで考えていた時が

ありました。



9日考えました。

それは、『共感』ではないかと思い始めました。



それは、私がライティングコンサルの先生から

よく注意を受けることでした。



「ロコさん、この記事は共感が少しも

 感じられないです。」



コピーライティングを学び始めてから

11ヶ月経った当時でもよく言われていたので

「共感」についてはかなり悩みました。



「なんで共感しなきゃならないんだろう?」



「共感しなくたって別に売れる記事

 書けるんじゃない?」



「そんなに共感って大切なのかなあ?」



こんなことを毎日あれこれ悩みながら

コピーを書いていました。



他の人の「共感」のない記事を見て、やっと

「なるほど」と納得できました。



コピーに共感が必要な理由共感がなぜあなたの記事に

必要かというと 何かに悩んでいる読者が



「この文章で救われた」

「悩みをわかってくれている」



と感じ、あなたを信頼するからです。



説明だけの文章は、検索すればいくらでも

出てきます。



そして、浅い共感は相手に響きません。



「そうですよね、私もそういう風に

 思ったことありました。。」



こんな上っ面だけ同情したような文章を

書かれても心に響きません。



私も以前はこのような上辺だけの言葉を

並べて記事を書いていました。

商品は1つも売れませんでした。



先生の言葉です。



自身の悩み・失敗・葛藤などを

 可能な限り具体例を出して話してあげて

 目一杯共感してあげてください。



私は先生のこの言葉をしっかり

ノートにとって、いつも読むようにしています。



共感は、とても重要です。

読者の悩みを心底わかってあげて、それに

共感してあげたら、それだけで、あなたから

今までの3,7倍商品が売れるくらいになります。



しっかり読者に共感してあげてください。





「共感するってイマイチ意味がわからないんですが・・」



というご質問はありませんか?

ロコにメールフォームからお尋ねくださいね。

⇒ お問い合わせはこちら



ご質問やご相談のメールには48時間以内に

お返事します。



メールフォーム

質問などはメールしてね♪




ランキング

ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


22 Responses to “コピーライティングのテクニックの1つを暴露”

  1. ひでのり より:

    ロコさん、おはようございます!

    「共感」というのは、あらためて大切だなと感じました。

     

    共感できなければその人と

    コミュニケーションを取ったり

    教材を買ったり、

     

    その他何かしらの

    アクションを起こそうと思える事は

    ないのかな?と感じました。

     

    説明だけの文章だと、

    おっしゃるように検索すれば

    出てきますからね・・・

     

    ですから「人となり」がわかることに

    「共感」できて心が動くのかなと感じました!

     

     

     

     

     

    • ロコ より:

      ひでのりさん

      こんにちは!

      説明だけの文って世の中

      たくさんあります。

       

      でも、なんらかの行動を起こす時は

      やはり記事に共感した時ではないかと

      思います。

       

      「この人から商品を買いたい」と

      思う時は共感した時が多いのでは

      ないでしょうか?

       

      コメントありがとうございました。

  2. ロコさん

    おはようございます。^^

    エンタメです。

     

    文章に共感を意識して書くのは最初難しいよね。

    でも、自分自身の体験談を赤裸々に公開したり、

    失敗談なんかを公開するのも効果的。

     

    けっこう八方美人に最初はなりやすいけど、

    皆に好かれようと考えていてもまず誰にも好かれないので、

    しっかりと共感してもらうことを意識して文章を書くのは大事だね。

     

    今後共宜しくお願いします。

     

     

    エンタメ

     

    • ロコ より:

      エンタメさん

      こんにちは。

      私は今でもつい共感を書くのを

      忘れてしまいます。

      後から付け足すなんてこともしばしば。。

       

      自分の失敗談や体験談を書くのは

      恥ずかしいけれど、それも共感を呼びますよね。

      これからも忘れずに記事に盛り込みたいと

      思います。

       

      今後ともよろしくお願いいたします。

  3. 小夏 より:

    ロコさん、

    こんにちは。

    小夏です^^

     

    >しっかり読者に共感してあげてください。

     

    はい。分かりました。

    やってみます。

     

    が、私もよく忘れますw

     

    PCに附箋でも貼っておきます。

     

    いつもタメになる

    記事を

    ありがとうございます。

     

    応援OKです。

    また来ます。

    ありがとうございました。

     

    小夏

     

     

    • ロコ より:

      小夏さん

      こんにちは。

      読者の人に共感すると

      反応がいいですよね。

       

      私はよくアドセンスの方で忘れます。

      私もMacの横に付箋貼っておかねば(笑)

      応援ありがとうございました。

  4. りつき より:

    ロコさん

    こんにちは、りつきです。

    私、ロコさんの文章、大好きです。

    なんでだろうと考えてみると

    やっぱり、私の気持ちに共感してくれているから。

    悩みを分かってくれているから。

    そんな気がしました。

     

    今度は、私がそんな風になれたら、と思います。

    ロコさん、いつもありがとうございます。

    • ロコ より:

      りつきさん

      こんにちは!

       

      >私、ロコさんの文章、大好きです。

      わ〜♪嬉しいです。ありがとうございます。

      今日一日良い日になる予感がしてきました(笑)

       

      記事に共感を入れることは難しくて

      よく今でも忘れがちですが、りつきさんに

      言われたことを思い出して頑張ろうと

      思います。

       

      ありがとうございます(^-^)

  5. みゅーた より:

    ロコさん、こんばんは^^

    「共感」はとても大事ですね。

    ブログやメルマガはつい独りよがりな文章になりがちですが、

    常に読んでくださっている方がいることを忘れないように

    しなければいけないと思いました。

     

    「自身の悩み・失敗・葛藤などを

     可能な限り具体例を出して話してあげて

     目一杯共感してあげてください。」

     

    ステキな言葉ですね(*^^*)

    私も紙に書いて貼っておきます!

    ありがとうございました!

    応援完了です♪

    • ロコ より:

      みゅーたさん

      こんにちは!

      「パソコンの向こうには人がいる」

      ということをついつい忘れて、おっしゃるように

      独りよがりの文章になってしまいますよね。

       

      読者がいることを常に忘れないように

      記事を書いていきたいと思います。

       

      コンサルの先生の言葉は私もMacの横に

      貼らなければ!(笑)

      応援ありがとうございました。

       

  6. 咲月ミオ より:

    ロコさん、こんにちわ。

    共感を得られる記事を書く!
    大事なことなのだと思いますが、ついうっかり忘れます。

    特に私はうっかりの暴走型なので(;´Д`)
    誰に何を伝えたいのか。

    どんな風に伝えたいのか。
    ブログの記事は一方的に書いているようで、実は
    誰かとのコミュニケーション。

    つまりは言葉のキャッチボールができるようにと
    心がけなければならないんですね。

    でもわたし・・・書き出したら止まらないんですよ・・・(笑)
    もう筆ペンでケント紙(絵を描く紙)にガガッと
    書いて貼り付けて一日一読しなきゃですね・・・

    • ロコ より:

      咲月ミオさん

      こんにちは!

      咲月さんの記事は、一方的ではないですよ?

      とても読者のことを意識したわかりやすい

      記事だと思います。

       

      私も勉強になります。

      ありがとうございます。

       

      読者に共感してもらう記事を書くのは

      私もよく忘れます。

      だから、それを書いて、目に見えるところに

      貼るのがいいですよね?(^-^)

       

      コメントありがとうございました。

  7. まなぶ より:

    こんにちは。    

    ロコさん、まなぶです。

     

    共感って本当に大切なのですが、文章で伝えるのはなかなか難しい部分もありますよね。

    でも、共感してもらえればアフィリエイトでもユーザーに行動してもらうって、実は簡単だったりします。

    私も日々研鑽しています。

    参考になりました。

    ありがとうございました。

    • ロコ より:

      まなぶさん

      こんにちは。

      共感を呼ぶ文章を書くって

      簡単なようでいて、本当に

      難しいですよね。

       

      しかし、おっしゃるように共感してもらうと

      行動してもらうのが容易です。

      私の場合は、共感を書くのを忘れないように

      しなければならないのですが(苦笑)

       

      コメントありがとうございました。

  8. HARUMIN より:

    こんにちは!ランキングから来ました。

    コピーライティングといってもやはり読み手が共感する文章でないと

    行動に繋がらないということですね。

    頭では理解しているつもりで、文章には反映されていないかも?

    と反省をしました。

    勉強させていただきました。

    • ロコ より:

      HARUMINさん

      こんにちは。

      返信おそくなってすみません。

       

      読み手が共感する文章といっても

      相手が行動しないと商品は売れない

      わけですから、難しいですよね。

       

      自分の体験談や失敗談を文章に

      盛り込んでいって、共感されるような記事を

      書きたいと思います。

       

      コメントありがとうございました。

  9. 大本 より:

    はじめまして、大本と申します。

     

    ブログランキングから来ました。

     

    共感、確かに重要ですね!

     

    そのためには、まずは自分から

    体験談や具体例を出すことが、

    最低限必要かと思っていまして

    ロコさんの記事を読んで

    改めてそう思わされました!

     

    上手に表現できればいいですが、

    私はそこは苦手なので、自分の

    経験から、本当に心から感じたことを

    表現することを、今後心がけようと

    思います。

     

    自分のことだけでなく、読者の方の

    ことも考えて、ですね。

     

    また訪問します!

     

    それでは!

    • ロコ より:

      大本さん

      はじめまして。

      体験談や具体例を出すことはとても

      重要ですよね。

      読者も同じような体験や失敗をしていれば

      共感してくれますものね。

       

      >自分の経験から、本当に心から感じたことを

      >表現することを、今後心がけようと

      >思います。

      それは、とても大切なことだと思います。

      やはり、自分で心から感じたことでないと

      読者も共感してはくれないからです。

       

      私も勉強になりました。

      ありがとうございます。

       

  10. はまぞふ より:

    ロコさん、こんにちは。
    はまぞふです。

    > 自身の悩み・失敗・葛藤などを
    > 可能な限り具体例を出して話してあげて
    > 目一杯共感してあげてください。

    たしかに、文章を読んで、
    「これはまさしく僕のことだ!」
    と思ってしまうと、

    それだけで、文章を書いた人を
    信頼してしまいますね。

    それに、ほかの記事も読もうと思うし、
    その人が、おススメしているノウハウや、
    ツールがあれば、購入を考えますよね。

    何も考えずに記事を書いてしまうと、
    ただ、説明するだけの文章だったり、
    独りよがりの文章になりがちなので、

    「共感」というポイントを押さえつつ、
    先生がおっしゃった、
    自身の具体例を織り込みながら、
    文章を考えてみようと思います^^

    良いことを学びました。
    応援完了です^^

    • ロコ より:

      はまぞふさん

      こんにちは!

      何も考えずに記事を書いても、誰の胸にも

      響きませんよね。

       

      読者は今、何を悩んでいるのか、どういう

      思いで記事を読んでいるのか、そして

      その読者とは、どういう人なのか。。

       

      考えるとキリがないですが、「共感」の

      ポイントはとても大事だと思います。

      私もはまぞふさんのコメントからいろいろと

      学ばせていただきました。

       

      ありがとうございます。

  11. わんどん より:

    わんどんと申します。

     

    僕も、共感の感じられない

    説明だけの記事・ブログを

    「Wikipedia」と呼び、注意喚起しています。

     

    ロコさんのおっしゃる通り、

    読者の気持ちにならなければ

    共感は得られませんよね。

     

    まずは自ら共感してこそ

    共感が生み出せるのだ、と。

     

    コンスタントにコピーについて学んでいる

    ロコさんだからこそ、こうして明確に

    言葉にできるんだと思います。

     

    ブログは以前から

    ちょくちょく読ませてもらっていましたが

    非常に参考になります^^

    • ロコ より:

      わんどんさん

      こんにちは。

      まあ、説明だけのブログがいいと

      思う人もいるとは思うのですが

      私は共感するブログから商品を

      買っていますね(^-^;;

       

      私も例えでwikipediaをよく用いますよ。

       

      私のブログにお越しくださっていたのですね!

      ありがとうございます。

      これからもよろしくお願いいたします。

       

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ